コンビニや、駅、SNSでも見かける求人情報。さまざまな職種の求人が掲載されていますよね。しかし、そこに書いてあることだけを本当に信用して良いのでしょうか?求人に多い落とし穴を知って納得のいく職に就きましょう。

求人票にある落とし穴とは?

求人にある落とし穴って?:掲載記事一覧

  • 製造ラインの契約社員なら求人を見つけやすい

    なかなか安定収入がある求人を見つけられない時代になりましたが、世界的に輸出している製造業であれば、生産量増大にともなう契約社員の大量募集が出てきます。 契約社員は、短期間の雇用契約で、必要に応じて契約延長されるケースが多…続きを読む

  • ベテランの求人をエリア別に探すならば

    今まで仕事をしてきてすでにベテランの域にいるという人であれば、経験者を募集している仕事が良いです。経験者を募集している仕事は給料条件もよい傾向にあります。また、すでに経験があることから、比較的スムーズに働き始めることがで…続きを読む

  • 50代で住み込み可の求人を探してみよう

    50代といえば、もう新しいことを覚えるにはきつい年齢で、なかなか求人が見つからなくなる年齢です。 しかし、人手不足の軽作業の分野では、50代を住み込みで募集している求人が多く、倉庫作業などの方面で探せば意外にすぐ働けます…続きを読む

  • 求人応募時の基準となる言語とは

    求人に応募する時、通常の日本企業であれば言語は日本語を使用していることがほとんどですし、日本語ができればOKだという場合も多いでしょう。ですが職場に外国人が多かったり、接客するのが外国人であるような場合は職場に適した外国…続きを読む

  • 即日勤務可能な日払いの求人が沢山載っている

    急にその日にまとまったお金が必要になった時にはとても焦りますが、お金を貸してくれる知り合いがいない場合には自分で何とかしなければならないので色々と考えることになります。 消費者金融でお金を借りると言う方法もありますが、申…続きを読む

  • 求人に応募する際に気を付けたいこと

    新卒での就職や転職を考えている方に気をつけてもらいたいことがあります。それは何かというと、ネームバリューだけに惹かれて企業を選ばないことになります。知名度がある企業だからといって従業員に優しい企業ではない場合があるので、…続きを読む

  • 求人はどこで探すのがベスト?

    仕事を探している場合に参考にするのは求人情報ですが、どこで探すのがベストかと言うとその人や仕事内容によって左右されるので、自分に合った情報を多く掲載している所を見つけるのがベストです。例えばハローワークでなら情報を探しな…続きを読む