コンビニや、駅、SNSでも見かける求人情報。さまざまな職種の求人が掲載されていますよね。しかし、そこに書いてあることだけを本当に信用して良いのでしょうか?求人に多い落とし穴を知って納得のいく職に就きましょう。

求人票にある落とし穴とは?

求人応募時の基準となる言語とは

求人に応募する時、通常の日本企業であれば言語は日本語を使用していることがほとんどですし、日本語ができればOKだという場合も多いでしょう。ですが職場に外国人が多かったり、接客するのが外国人であるような場合は職場に適した外国語ができたほうが良いです。また、地方でない限り、基準は標準語で会話することがほとんどです。ですから訛りが出てしまう時は頑張って改善するか丁寧語で話すようにしましょう。丁寧に話すことを意識すれば訛りもあまり出なくなるものです。また、年配の人が多い会社であれば丁寧な言葉や尊敬語がうまく話すことができると好感度も高くなります。自分が働きたい職場にはどういった人が多いのか、ということも調べておくと良いです。また、業務自体にコミュニケーションや外国語が必要ないような時でも、今後必要になってくるようなこともあるので、知っておいて無駄はないでしょう。色々な言語はできるに越したことはありません。特にオフィスではなく現場の仕事が多いような職場であれば、現場に外国人がいることも多いので、そういった人とのコミュニケーションをとるためにも言語は必要になってくることも多いものです。会話程度のスキルはなくても、筆談すればなんとなくわかるくらいであればとても助かるでしょう。仕事をスムーズに進めていくには現場の連絡などがスムーズにいくかどうかということも必要なので、職場の相手にあわせた言語能力というのも活かせるようにしておくと良いでしょう。求人の応募する時には必要条件として言語能力が書かれていなくても、自分からアピールすることで採用されやすくなるということもあるものです。自分から伝えてみても良いでしょう。